名古屋大学アイソトープ総合センター

Radioisotope Research Center, Nagoya University

〒464-8602 名古屋市千種区不老町
事 務 室 052(789)2563
放射線安全管理室 052(789)2565
FAX(事務室) 052(789)2567

Japanese  English

2017年8月 RI実験棟完成

もどる

 平屋構造の旧館部分を取り壊し、RI実験棟として改築、昨年8月に完成しました。 新RI実験棟は、地下1階、地上4階で、建物総面積3,105m2、管理区域面積は2,158m2です。 全学の中心となる非密封RI取扱施設であり、多様な研究に対応するため、従来通り150核種の使用許可を継続維持しています。 風雨による劣化防止や景観を考慮し、給排気設備(4 階)および排水設備(地階)のすべての機器を建屋内に収納しました。
 多くの皆さんに利用して頂いて、RIを利用する新しい研究が展開することを期待しております。 従来利用してきた方ばかりでなく、試行的に利用してみたいという方も、是非、当センターにご相談ください。
  •  玄関
  •  1階には講義室、放射線安全管理室および事務室があります。

    正面 玄関ホール 講義室
  •  汚染検査室
  •  新RI実験棟は、1階の汚染検査室から管理区域に入り、エレベータ・階段で2階から4階の実験室にアクセスします。

    汚染検査室-1 汚染検査室-2 エレベータ・階段
  •  管理区域実験室
  •  2〜4階に、実験室、計測室、貯蔵室、実習室があり、RI実験、教育訓練に供されます。 出入管理システム、RI在庫管理システム、モニター等管理設備も新設され、給排気設備は人感センサーで稼働し、節電と確実な稼働を両立しています。

    実験室-1 実験室-2 計測室
    低放射能実験室 実習室-1 実習室-2